大阪工場

大阪工場について

大阪工場 荒川化学は、大正3年(1914)にロジン(松脂)・テレビン油の製造拠点として鴫野工場、さらに今福工場(現大阪工場)を昭和11年(1936)に設立し、昭和42年(1967)に鴫野工場を吸収して現在に至っております。

 大阪工場は、主に近畿・中部地域の顧客を対象とした製品を製造しており、敷地内には研究所・研究工場があり、新規製品の開発段階から技術・生産設備の検討が容易で高い利便性が特長です。平成23年(2011)には最新の製造・包装設備を備えた生産設備を新設しました。

 また、環境配慮の一環として、触媒燃焼方式の排ガス脱臭設備の導入や物流拠点の統合によるCO2排出量削減など国のクリーンエネルギー化への取組みに貢献しています。

大阪工場の環境・保安・品質への取り組み

沿革

昭和11年 (1936) 現大阪工場は今福工場として操業開始
昭和30年 (1955) 繊維用糊剤「タマノリ」製造開始
昭和31年 (1956) 塗料用樹脂「アラキード」製造開始
昭和33年 (1958) 製紙用サイズ剤「サイズパイン」製造開始
トール油連続蒸留プラント操業開始
昭和35年 (1960) 製紙用紙力増強剤「ポリストロン」製造開始
昭和36年 (1961) 合成ゴム重合用乳化剤「ロンヂス」製造開始
昭和42年 (1967) 印刷インキ用樹脂「タマノル」製造開始
今福工場を大阪工場に改称し、鴫野工場を統合
昭和47年 (1972) 活性汚泥式廃水処理施設完成
昭和51年 (1976) 高COD廃水処理用多段式廃水焼却炉設置
昭和61年 (1986) 高吸水性樹脂「アラソーブ」製造開始
平成元年 (1989) 印刷インキ用樹脂「ポリウレタン」製造開始
平成9年 (1997) ISO9002認証取得(JQA-1835)
平成13年 (2001) ISO14001認証取得(JQA-EM1590)
平成16年 (2004) 触媒燃焼脱臭装置設置
水蒸気ボイラ-燃料を重油から天然ガスへ転換
平成18年 (2006) 大阪工場操業70周年
平成20年 (2008) ISO9001全社(統合・拡大)認証取得(JQA-0788)
平成21年 (2009) 濃縮型触媒燃焼脱臭装置設置
平成22年 (2010) 立体自動倉庫完成
平成23年 (2011) 光硬化型樹脂「ビームセット」および有機・無機ハイブリッド樹脂「コンポセラン」製造設備新設