富士工場 環境・保安・品質への取り組み

1. 環境関連施設

 富士工場の保有する焼却炉設備では、汚泥や高COD廃水を燃焼し、減容化して場外排出、排ガスも浄化して大気放出しています。排ガスからは、熱回収して水蒸気を発生させ工場内で使用しています。

焼却炉設備
焼却炉設備

2. 保安防災への取り組み

 富士工場では、東海地震想定の総合防災訓練を行うなど、大規模な防災訓練を行っています。

 また、富士市の小型ポンプ操法大会に毎年出場し、2006、2007年の2年連続優勝するなど、消火技術の向上を図っています。

場内安否確認
場内安否確認

総合防災訓練での放水
総合防災訓練での放水

模範演技

富士市の小型ポンプ操法大会で2006、2007年、2010年優勝。功績を称えられて出場した2008年自衛消防隊 消防出初式での模範演技。

3. 品質保証への取り組み

 富士工場では、1996年12月にISO9002を取得し、お客様に満足していただける高品質の製品を供給しております。要求の厳しい新規事業に対応するため、品質管理の強化に取り組んでいます。

ISO書類審査風景
ISO書類審査風景

ISOプラント内審査風景
ISOプラント内審査風景

4. 地球温暖化防止への取り組み

 毎月、エネルギー使用量削減の進捗会議を行うとともに、省エネ機器への変更をすすめています。その一環として、プロセスの加熱源として利用するスチームの損失を低減するために、スチームトラップの管理徹底と、高効率のスチームトラップへの更新を推進しています。

蒸気配管に高効率のスチームトラップを導入
蒸気配管に高効率のスチームトラップを導入