第18回環境コミュニケーション大賞で「優良賞」を受賞しました

2015年3月10日

荒川化学グループの「環境・社会報告書2014」が、「第18回環境コミュニケーション大賞」(主催:環境省、一般財団法人地球・人間環境フォーラム)において「環境報告書部門 優良賞」を受賞しました。

2014kankyo.jpg    jusho.JPG

  • 環境・社会報告書2014(PDF 12,941KB)
  • 「環境コミュニケーション大賞」は、優れた環境報告書等や環境活動レポート、及びテレビ環境CMを表彰することにより、事業者等の環境経営及び環境コミュニケーションへの取組を促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的とする表彰制度です。

    本報告書に対し、以下の点について評価されました。


    ・ロジン(天然資源である松脂の樹脂)を原料とした製品展開と「つなぐ技術」の記載が、同社の概要と環境配慮の取組を理解するために効果的で優れている。

    ・ステークホルダーのコメントが多く記載されている点や、松の植林活動は、同社の本業に則した取組を継続している点で好感が持てる。

    ・中堅企業であるがサイト(拠点等)が多く、そのサイト別報告を入れているのも企業が良く見えてよい。


    今回の受賞を励みに、これからも環境負荷低減に向けた経営に積極的に取り組んでまいります。