紙パルプ技術協会「第45回 佐々木賞」を受賞しました

2017年10月17日

 紙パルプ技術協会主催「第60回 紙パルプ技術協会 年次大会」において、当社の分析による両性紙力剤のパルプ繊維への定着状態の可視化が評価され、「第45回 佐々木賞」を受賞しました。また、「紙中薬品の分布状態の分析」(研究開発本部 開発推進部 分析グループ 主査 東谷仁史)と題して受賞講演を行いました。

 なお、佐々木賞は、昭和47年度(第1回)より、技術開発・研究開発により顕著な成果を収め、紙パルプ業界に貢献した個人または企業を表彰するものです。

impact.jpg