サスティナビリティ

 

 

働きやすい職場づくり

当社の経営理念「個性を伸ばし 技術とサービスで みんなの夢を実現する」の「個性を伸ばし」の部分には社員一人ひとりの個性が当社で育まれ、
当社で開花させてほしいという思いを込めています。個性の異なる多様な人財が尊重され、各人の能力を存分に発揮 することができる企業として、
時代に求められる課題に真正面から取り組み、個人と会社が共に成長できる環境づくりと風土の醸成を目指し、自律した人財の育成に努めています。
 

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

本計画は、当社で勤務する全ての社員が仕事と家庭を両立することができ、働きやすい環境を作ることによってその能力を十分に発揮できることを目的としています。


計画期間:2022年4月1日~2024年3月31日(2年間)

【目標:男性の育児休業取得率20%以上】

(2022年4月以降)

● 男性育休の理解を深め、上司のマインドチェンジを促すプロジェクトを開始する


【目標:男性の育児休業取得の環境整備】
(2022年4月以降)

ハンドブック

仕事と育児の応援BOOK

● 子の生まれた社員に対し、育児休業に関する制度説明を実施する
● 育児休業取得の意向確認書を作成し、個別に意向を確認する

 

【目標:育児・介護休業制度の周知】
(2022年4月以降)
● 育児・介護休業取得に関する制度理解を深めるため、ハンドブックを作成・配付する


                   ハンドブック

                           2022年くるみんマークを取得



女性活躍推進法に基づく行動計画

本計画は、女性の活躍はもとより、全ての社員がイキイキワクワク、働きがいをもって働き続けられるよう、
働く環境の整備、ダイバーシティ&インクルージョンの推進を目的としています。

計画期間:2021年4月1日~2026年3月31日(5年間)

1.働く環境の整備
【目標:男性の育児休業取得率を8%から30%へ増加させる】  
● 男性の育児休業記を社報に掲載し、取得を促す
● 育児休業を迷われている方へ個別面談を実施し、取得を促す
● 育児に関わるハンドブックを作成し、制度内容を社員へ周知する
● 管理職に対し、育児休業に関する説明会を実施する
● 男性育児休業に関する社内パネルディスカッションを実施する

【目標:有給休暇取得率を全ての職位で20%増加(達成後取得率75~90%)させる】
● 有休取得奨励日を設ける
● 半日休暇制度を設け、有休を取得しやすくする

 

2.ダイバーシティ&インクルージョンの推進
【目標:女性管理職(課長級以上)を2021年~2025年に5名*増加させる】
● 公募制WGの活動を通して、女性社員の意識向上を推進する
● 女性管理職による、女性社員育成のための研修を実施する
● 社外研修プログラムへ女性社員を派遣する
● 女性活躍促進のため、社外からの人財を登用する

*単体の数値