営業

E.A.

2011年入社
事業本部 粘接着事業部
営業部 大阪営業課

私の夢は

未来を変える製品開発に関わる

キャリアステップ

1年目

化成品事業部 営業第二部 東京営業課に配属

営業の業務内容、自社製品のことなど基礎的な事を学び、先輩に同行してユーザーを訪問。新規引き合いの対応を任され、提案方法など実践的に学ぶ。

2年目

先輩から担当顧客を引き継ぎ、良好な関係を維持するためプレッシャーを感じながら対応。また、他部署と連携する案件を多数経験し、連携の大変さや重要性を学ぶ。

6年目~
現 在

粘接着事業部 大阪営業課に配属

同事業部の大阪営業課へ異動。
同じ国内でも、関東と関西でユーザーの雰囲気が違うことに驚く。

現在の仕事は?

私が所属する粘接着事業部は、国内外のお客様に一般工業用から衛材用、貼付剤用など幅広い用途の粘着剤・接着剤用樹脂のほか、粘着テープなどのくっつきを良くする粘着付与剤、剥がれやすくする剥離紙用離型剤などを販売する部署です。

私は現在、大阪営業課で西日本のお客様への営業を担当しています。既存のお客様からの新規案件や依頼いただいたことへの対応業務を基本としながら、当社ホームページや電話を通じての問い合わせへの対応も行っています。

日々の営業を通じて、メールや電話ではわからないことが、膝を突き合わせて表情を見ながら話して初めてわかることもあると実感。できるだけお客様のもとに足を運び、直接話を伺うようにしています。

仕事のやりがいや課題は?

製品を開発する研究所や、製造する工場があってこその営業であり、ひとりでできることは非常に限られています。それだけに、関係各部署と力を合わせることで、自分ひとりでは到底できないことをカタチにしていくことにやりがいを感じます。

また、営業をしていると苦情やクレームを受けることもあり、その大半は品質面でのトラブルです。そんな時には、すぐさま社内関係者に詳細な内容を伝え、スピーディーかつ的確な対応に全力を尽くすようにしています。もちろん苦情やクレームがないのに越したことはありませんが、誠意を持って対応することで、お客様とより関係性を深められることもあり、それもまたやりがいに感じています。

入社を決めた理由は?

学生時代は工学部で、その理系知識を活かして営業として活躍したいと、化学系のメーカーや商社を対象に就職活動を行ってきました。

荒川化学を知ったきっかけは、合同説明会でたまたま通りかかったこと。それまでは社名を知らなかったのですが、独自の技術を持ち、また幅広く事業展開していることに興味を惹かれました。さらに関西育ちの私にとって、関西の企業であることもポイントになりました。

ここがオススメ!荒川化学

海外研修制度があり、希望すれば海外の大学で語学研修や、現地法人で実務を経験できることは大きな魅力ですね。制度面だけでなく、誰にでも相談しやすい環境も荒川化学の魅力。「とにかく、人がいい」と声を大にして言いたいです!

一覧へ戻る

社員紹介

PAGE TOPPAGE TOP
PAGE TOP