企業情報

 

 

 

社長メッセージ

社長メッセージ

私たち荒川化学グループは、1876年(明治9年)の創業以来、天然樹脂ロジン(松やに)の化学を起点に140年以上の歴史を歩み続けてまいりました。これはひとえに株主、お取引先、地域社会をはじめとする関係者各位のご支援の賜物であり、心よりお礼申し上げます。

私たちはロジンに代表される持続可能な天然資源へのこだわりと、永年にわたり培ってきた独自の技術を用いて、製紙用薬品、印刷インキ用樹脂、粘着・接着剤用樹脂、IoTを支える電子材料などの身近な暮らしへ貢献する製品を開発・提供してまいりました。

当社グループでは、さらなる成長のため、地球環境と社会の持続的な未来に貢献するエコシステムにしっかり入り込み、ライフサイエンス関連などの素材をも手掛け、REALとDIGITALを下支えするケミカル・パートナーへの変革を目指してまいります。さらに、水系ポリマーや水素添加技術など、コア技術・素材の強化に努めるとともに、環境に配慮した持続可能な開発にも注力し、市場環境の変化にも対応すべく事業ポートフォリオ改革を進めております。

2021年4月より第5次中期5ヵ年経営実行計画がスタートし、スローガンを「V-ACTION for sustainability」といたしました。人と事業の新陳代謝の深化、事業基盤の持続性を確保し、持続可能な地球環境と社会を実現するための課題に取り組み、付加価値・新規事業の創出、安全文化の醸成、および働きがいと生産性の向上を目指して、グループの価値観・行動指針に基づいたKIZUNA経営を推進してまいります。 すべてのステークホルダーからの期待に応え、信頼され続ける企業となれるよう、安全を最優先に品質・環境の追求、コーポレートガバナンス機能の強化、炭素循環社会の実現に貢献するためサプライチェーンを通じたサスティナビリティへの取り組みを積極的におこない、皆様方とともに永続的な発展を目指してまいります。

皆様方のなお一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 宇根 ⾼司