サスティナビリティ

 

 

荒川化学グループの健康経営宣言

荒川化学グループは、経営理念の「個性を伸ばし 技術とサービスで みんなの夢を実現する」に基づき、すべてのステークホルダーの期待にこたえ、持続的な成長を実現していきます。そのためには、社員一人ひとりが健康な状態で仕事に取り組み、能力を最大限に発揮できることが必要不可欠となります。 当社は一人ひとりの社員が心身ともに健康でイキイキと活躍できるようにバックアップし、従業員も主体的に自身の健康づくりに取り組み、荒川化学グループのさらなる発展を目指します。

2019年8月1日

取締役社⻑
宇根 ⾼司

目標(目指す姿、達成したいこと)

  1. ・社員一人ひとりが元気に笑顔で出社できる会社づくりを行う。
  2. ・社員一人ひとりが仕事に集中し、能力を最大限に発揮する。
  3. ・社員だけでなく社員の家族を含め、現役時はもとより退職後も健康で過ごしてもらう。

重点施策

健康増進、予防、早期発見、重症化対策の4つの観点から様々な施策を実施する。
  1. 1)こころと身体の健康増進
  2. ①健康増進への取り組み
    適度で良質な運動・食事・睡眠の習慣の確立、ウェアラブル端末活用、健康セミナー実施
  3.    
  4. ②生活習慣病対策
    定期健診・再検査の徹底、カラダ改善計画の作成と保健指導
  5.    
  6. ③メンタルヘルス対策
    ハラスメント研修、ストレスチェックの実施分析、不調者対応と復帰プラン策定
  7.    
  8. ④がん対策
    がん健診の拡張、治療と仕事の両立支援プランの策定
  9.   
  10. 2)イキイキと働ける環境の整備
  11. ①長時間労働対策、有給休暇取得の促進

  12. ②多様な働き方に対応する制度整備

  13. ③職場環境の改善